早朝の葦原でオオヨシキリと出会いました。
繁殖期の5月頃は多くの囀りで賑やかの葦原は鳴き声もなく静か。
しばらく待つと、この1羽だけが囀り始めた。
そして朝日が昇ると気温が上がり暑さとの戦いとなる。(早々に撤収!)



A84O4306xx.jpg

A84O4307xx.jpg

A84O4318xx.jpg

別の個体は全く鳴きもせず沈黙!
A84O4374xx.jpg
スポンサーサイト
2016.07.19 / Top↑
葦原で出会ったオオヨシキリです。
「ギョギョシ! ギョギョシ!」とも聞こえる大きな声で囀ります。
一夫多妻性でオスを中心にメスが巣作りをするようです。
ここの葦原では多くの個体が入っており鳴き声がうるさいと思えるほどです。



A84O3616xx.jpg

A84O3756xx.jpg

A84O3720xx.jpg

A84O3684xx.jpg
2016.05.14 / Top↑
連日の☂で鳥見はお休み!
撮りおきのオオヨシキリ幼鳥です。
河原の草藪からやっと姿を見せてくれました。




2015.09.07 / Top↑
梅雨の合間で朝から☀!
近くの河原を歩くとオオヨシキリに出会いました。




2015.06.20 / Top↑
農耕地を歩くと大きな赤い口を開け、大きな声でさえずるオオヨシキリに出会いました。
さえずり声は、暑さを一層引き立てます。
彼らはカッコウに託卵されることも多い事でも知られています。










2015.05.26 / Top↑