午前中鳥見に出かけたものの、断続的な小雨と出が悪く収穫無し!
旅の思い出からチェンライ(タイ)です。
チェンマイから車(1BOX)をチャーターし早朝出発!

チェンマイ郊外で車窓から見る朝日


道路脇には一面のタバコ畑が続く


道端にパイナップル販売所も


チェンライの街中に入ると多くのお坊さんの姿を見る


ここから寺院見学!
Wat Phra Kaew
エメラルド仏で有名なワット プラケオ


Wat Phra Kaew


Wat Phra Sing


Wat Phra Sing


チェンライ郊外(チェンマイ方向)にあるWat Rong Khun
タイの寺院は金色(金箔など)が多く使われているが、ワットロンクンは真っ白なお寺。
1997年に元画家のデザインンにより建造された。


チェンラインを訪れたなら一見をお勧めします。

スポンサーサイト
2015.07.08 / Top↑
連日の☂で鳥見は出来ず、旅の思い出から
タイ最北端国境の街Mae Sai (メーサーイ)です。
この街はタイで唯一陸路でミャンマーに往来できます。

メーサーイの中心部 パホンヨーティン通り


正面の建物がタイのイミグレーション


この橋を渡るとミャンマーのイミグレーション


通り沿いに沢山のお店が


後方はメコン川


ここはタイ、ラオス、ミャンマーがメコン川で接するゴールデントライアングル地帯
昔は世界最大の麻薬密造地帯


土産物屋には観光客や若者の姿が


メーサーイ ゲストハウス


メコン川沿いに建つ像

2015.07.06 / Top↑
朝から雨で鳥見はお休み!
旅の思い出から以前行ったマカオです。
香港からフェリーで珠海(九州港)へ。
そこからタクシーで拱北(ゴンベイ)でショッピングセンターをぶらりしてマカオに入国。

階段を上ると左側がゴンベイ(拱北)イミグレーション


ショッピングセンター内は多くの人が。


これ以降がマカオ!
聖ポール天主堂


後は見ない方が良かった!


モンテの砦(三方:東西南に大砲が向けてあります)


多くの人達が・・・中国本土の人か香港マカオの人か区別できない。


セナド広場


聖ローレンス教会


坂道が多い!


マカオ半島南端にあるお寺マーコミユウ


天井からぶら下がるらせん状の大きな線香!


カジノも行きましたが勝てませんでした。
2015.04.07 / Top↑
世界文化遺産に登録されている古都の遺跡!
1351年に開かれたアユタヤ王朝は度々ビルマ軍(現在のミャンマー)と戦い1767年陥落した。
そしてビルマ軍により当時の建造物の多くが破壊され、今も顔のない仏像が残っている。
そのような背景を頭の隅っこに入れて町を歩きました。
(個人的には、何度行っても飽きないお気に入りの町です)
これはその一部です。

アユタヤ駅構内


像に乗った観光客も多く見られる


寺院や仏像近くではハスの花が売られているので、これを買い参拝する


この地、日本人にも関係あり!
貿易を行うため16世紀には2~3000人の日本人が居住していた


アユタヤで遺跡めぐりには必須!
ワット プラ マハタート  (ワット:寺院)


ワット プラ マハタート
大きな木の根に埋め込まれた仏頭は壮絶!


ワット プラ モンコン ボビット
靴を脱いで入ると、高さ17mの大きなブロンズ像を見る事が出来る


夜間はライトアップされるワット プラ ラーム
王様の火葬場跡に立てられた石仏が並ぶ回廊を持つ
border=

中に入って見るとその大きさに感激!
border=

裏側からの光景
border=

ワット プラ シー サンペット:歴代3代の王が眠る王宮寺院
夜間ライトアップされる


ワット ヤイ チャイ モンコン
通路に並ぶ仏像群!



2014.08.16 / Top↑
お盆や猛暑で鳥見をお休み中なので、旅の思い出をUPします。
タイ、アユタヤの寺院のライトアップです。
バンコクから北へ80kmチャオプラヤー川とその支流に囲まれた中洲にアユタヤの町があります。
日が沈む頃になると市内の主だった寺院でライトアップが始まります。
それらの歴史的建造物は長い年月風雨や人災に耐え忍んできました。
暗闇の中に昼間とは違った幻想的な姿を現します。

町に入る道路真中に遺跡が!


日没のチャオプラヤー川を行くボートから・・・・


Wat Chaiwatthanaram


Wat Phra Ram


Wat Phra Ram


Wat Phra Sri Sanphet (藪蚊に悩まされた!)


2014.08.14 / Top↑