今日も出が良くない!
抱卵中なのかオスとメスが交互に出てくるが間隔が長い。
メスは枝に止まりダイブするまでの時間が長く待ちくたびれる。


オスは餌取りが下手でダイビングするが、空振りが多い。
子育て大丈夫かな?

スポンサーサイト
2013.05.31 / Top↑
今日も雨天!!!  鳥見に行けず昨日撮った庭の花です。

ブーゲンビリア
赤く見えるのは花びらではありません。
花を取り巻く葉で包葉と呼ぶそうです。
白い小さな花です。


オダマキ
他に白、ピンク、濃い紫色の苗が有り、自然交配で薄紫になってしまったようだ。
今年はピンク色の小苗が多く自生した。


虫取り草
種がこぼれ毎年自然発芽します。
茎に粘る液が出るところがあり小さな虫が付くので、この名前になったとか?


クジャクサボテン
直径約20cm。6個咲きました。
冬は家の中で日当たりの良い所に置きます。
寒さに弱いのが。。。。。。

2013.05.30 / Top↑
今日、関東地方は入梅突入!
この時期、必ず我家の軒下でサボテンが開花します。
花の咲く時期は大切に扱われますが、そうでない時期はトゲが鋭いので危険物扱いされます。
ボディーはご想像通りの形状なので花を中心に撮りました。
朝開花し夕方にはしぼんでしまいます。







2013.05.29 / Top↑
今日もH池にカワセミに会いに行ったが、昨日同様茂みから出てこない。
池を飛び回る事も無く、餌取りも殆どしない。


オスは給餌用の小魚を取り、メスが飲み込み易いように向きを変え頭の方から渡せるよう準備をし
メスを待つが来ず。
そのままオスが尻尾から飲み込んでしまった。


ダイブは水浴びか?
何かがおかしい! 
(静かに観察しよう)

2013.05.28 / Top↑
このペアは初回の子育てを途中で放棄してしまい別の巣穴で2度目の抱卵。
そして今日、給餌。行動が良く分からないペアだね。
本来H池を飛び回るんだが、ここ数日茂みの中で長時間休息し殆ど飛ばない。


ベストポジションに止まったが枝被り。
ダイブはなしで茂みの中へ!


水面を見てるだけ!


食欲不振か?


それとも他の池で?

2013.05.27 / Top↑
これらの鳥は一般的に岸から水に入り、岸に近い場所で水浴びをします。
しかし、このヒヨドリは水面に出ている枝からダイビングし水に入りました。
ちょうど木々の間から太陽の光が射し込む場所での水浴びでしたのでスポットライトを
浴びているような状態でした。










2013.05.26 / Top↑
さえずる声と姿がどうしても気になってしまう!







キビタキ A84O0492


2013.05.25 / Top↑
最近お出まし頻度が少ない!
ホバリング全くしない。
そして飛び込み小魚を取る頻度も少なく。。。。。。








2013.05.24 / Top↑
天気予報は晴れ
しかし山(都民の森)では雷雨。
30分位で上がったがヒョウまで降り気温が急低下。
そんな中ミソサザイが巣作り材料集めに一生懸命で飛び回る。


ここから巣にひとっ飛び!


あなたの声が聞こえると、どうしても気になってしまう!

2013.05.23 / Top↑
川岸を静かに歩き小魚を物色して!


捕えたのはオイカワのオス。
やはり色の付いたオイカワは狙いやすいのか?

2013.05.22 / Top↑
川原の瀬でダイサギが舞う!


魚を追いかけ低空飛行。


狙いを!


オイカワのオスを好んで捕る。
そして・・・一気飲み!

2013.05.21 / Top↑
川原に久しぶりにペアでお出まし!

2013.05.19 / Top↑
群からはぐれたのか1羽だけ寂しそうに!
それとも近くに営巣?

2013.05.19 / Top↑
こちらのハリセンジュ(別名:ニセアカシア)では巣立ちをしたスズメの子たちに
親鳥が青虫などを忙しそうに運んで来る。
育ち盛りで食欲旺盛!
親が青虫を持ってくるとヒナたちは一斉に鳴き出し、口を大きく開けねだる。
その仕草を見ていると時間の経つのも忘れてしまう。
無事に育つ事を願っているよ!







2013.05.18 / Top↑
去年の巣で抱卵してるのを観察して来ました。
そしてこの時期白い花を咲かせ香りが漂うハリエンジュ(別名ニセアカシア)の
木の上ではカラスが巣立ちの時期を迎えた。
間隔を開けてしまい、可愛い時期のショットが撮れていません。
カラスは山に可愛い七つの子があるからよ・・・・・・・は、昔の話でヒナは4羽でした。



川原の土手中腹のソメイヨシノでは地上1mにキジバトが抱卵しています。
卵2個。無事に巣立つ事を願っています。


<おまけ>
ハリエンジュの花にクマバチが蜜を求め羽音を響かせています。
襲っては来ませんが近寄られると身構えてしまいます。

2013.05.16 / Top↑
今日も林の中でキビタキのさえずりが聞こえる。
その声に誘われ見上げると遠方の枝で。。。。。。


さえずり顔のアップを!
2_20130515140820.jpg

こちらはすまし顔!
3_20130515140825.jpg

そして枝から枝へ!
4_20130515140831.jpg

こんな枝でもへっちゃら!
5_20130515140837.jpg

丁度いいカメラ目線をアップで!
6_20130515140903.jpg
2013.05.15 / Top↑
今日もH池を飛び回り
先ずは 小魚を捕まえてフー!


ここからは後ろ姿だよ!
2_20130514160023.jpg

いつもの定位置に。
ターゲット(小魚)がまだ決まらない。
3_20130514160021.jpg

もうひとつの定位置だが、ここからのダイブはしないヨ!
4_20130514160020.jpg

女の子の定位置はいつも低い枝。
5_20130514160019.jpg
2013.05.14 / Top↑
福を呼ぶとも言われているフクロウ「ギリシャ神話では森の賢者」に会う事が出来た。
ゴロ合わせから「不苦労」「福郎」とも言われる。
近くの巣立ちをしたヒナを見守っているのだが眠そう!


時々大きな目を開け見守るのだがほとんど動かない。


ヤンチャそうに見えるよ!


Z.Z.Z.Z.Z........

無事に育つ事を祈ってるよ!
2013.05.13 / Top↑
少々寄り道しました。
香港島に在る香港パーク(香港公園)です。
香港パークの目玉とも言われるバード園ですが、一般的には籠に入った鳥を外から見ます。
しかし、ここは人も大きな鳥籠(大きな体育館位のドーム)に入って人も籠の鳥となり、
鳥たちを見る事が出来ます。(料金無料)



インドネシアの絶滅危惧種?


カンムリバト







熱帯雨林に生息する約90種500羽が放し飼いにしたバード園。
鳥ウイルス気になりませんでした。
2013.05.12 / Top↑
雨で一休み。
香港九龍公園の野鳥を。
人が近づいても平気なカノコバト。


公園内の何処でも会えるシキチョウ。
さえずりが園内に響くヨ!


警戒心が強いオニカッコウ。 (全体の姿は見えず!)


頭上の茂みでさえずるシロガシラ。
鳴き方に幾つかのパターンが有るようだ!


クビワムクドリ
名前の由来が首周りの黒い羽が詰襟の制服をきているような感じで似ているのでとか?!
鳴き声が大きいので居場所が直ぐ分かる。

2013.05.11 / Top↑
標高200mの山を越え、そして270m山頂に。。。。。。
普段の運動不足が身にしみる!!!

先ず出会ったのはキビタキのオス


目前で餌を取るサービスも。


少し離れた枝に若様?もお出まし。

その他は鳴き声だけで残念ながら姿が確認できませんでした。
2013.05.10 / Top↑
今日も「翡翠」、「青い宝石」、「渓流の宝石」などと呼ばれるカワセミを求めてH沼へ!
両翼の間から見える背中のブルーは鮮やかで、光の当たり方によっては緑色にも見えるので
ヒスイ(翡翠)と表記されたのでは?

ワン!


ツー!


スリー!


2013.05.09 / Top↑
久しぶりのペア!


狙いを定めホバリング(意外と短い!)


子育て奮闘中らしく小魚を取っては巣穴に急ぐ。

2013.05.08 / Top↑
カワラヒワが巣作り材料を何度も林に中に運んでいました。
口に加えて引っ張ったり、羽ばたいたり力ずくで採っていました。

引っ張っても取れないヨ!


新築材料は丈夫な方が良いよネ!

2013.05.07 / Top↑
今日から写真スペース拡大を図り、サイズアップをしました。
少々迫力が伝われば幸いです。

連休最後の日、公園内散策の人達が多く訪れました。
でも林の中ではキビタキのオス2羽が飛び回っていました。
枝被りが多いのと木陰で露出が。。。。。。。
連写で手持ち撮影ですが「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる!」


ベストポジション!!


空抜けにならない場所に来てくれた。

2013.05.06 / Top↑
連休中は何処に行っても混雑しているので、以前撮った写真の整理をしています。
本来撮影地の詳細は公表しないのが基本ですが、撮影地が香港のため今回限定で紹介します。

撮影地:香港 九龍公園
公園正面入り口


公園内案内地図


入口の坂道を登ると木の上に大きなハチの巣が!(鳥の巣にも見える)


最初に目にするのがトサカのような冠羽を持つ「コウラウン」
スズメより少し大きく、木の実などを食べる。


この辺では何処にもいて、珍しくない鳥。


この公園は周囲を高層ビルに囲まれており背景はビル!


あまり人を警戒しなく群れている。


あでやかな鳴き声で良くさえずる。


「コウラウン」は留鳥で九龍公園には1年を通して見る事ができる。
(参考:使用レンズ Canon 100-400mm)
2013.05.04 / Top↑
「マレーシアの野鳥たち」です。
撮影地:マレーシア マラッカ

ドラゴンフルーツ畑では頭の白い彼が鋭い視線で獲物を。。。。。。。


マラッカの水源地対岸から飛んで来て頭上に!


番外編(1)


番外編(2)


番外編(3)


次回からは香港で撮った野鳥を紹介します。
2013.05.03 / Top↑
マレーシアで出会うカラフルな鳥たちです。
藪蚊に刺されながら、でも夢中になってしまう魅力があります。

撮影地:マレーシア マラッカ
 (1)

 (2)

 (3)

 (4)

 (5)

 (6)
2013.05.02 / Top↑
少々早起きをして川原の水辺を覗いて見るとコチドリが1羽
歩き回り飛んだり跳ねたりしていました。


サー飛ぶぞ!


それ!


飛んだ!


とび跳ねただけ!?


その脇ではカワラヒワが朝の水浴び!



ブログをスタートし1ヵ月が経ちました。
マレーシアで撮影した野鳥のカテゴリーを 「マレーシアの野鳥たち」 にまとめました。


2013.05.01 / Top↑