今日は気温も上がり桜の開花が進む中、いつものC公園のカワセミに会いに出かけました。
数か所に巣穴作りが済んだらしく、メスが芽吹き始めた高枝から飛込みを始めた。
給餌が済むと交尾そして産卵、抱卵に入ります。







オス


木陰で給餌!


無事儀式も済んだようだ!

スポンサーサイト
2014.03.31 / Top↑
今日は雨なので昨日の撮りおきからです。
ヒレンジャク(緋連雀)は「連なった雀」と書くので、大群で枝止まりの光景は名前通りですネ!
大群でヤブランやリュウノヒゲの実を食べ尽くす。
実が無くなると別の場所に移動するので、暫くの間この場所で観察できそうです。



枝被り

















2014.03.30 / Top↑
今年はヒレンジャクとの出会いが多くあります。
ヒレンジャクはシベリア東部や中国北東部で繁殖し越冬地は日本やサハリン、中国南部、台湾など。
基本的に数羽から数十羽の群れで行動します。
今日はS市Aビオトープで群で行動するレンジャクを撮りました。









ここではヤブランやリュウノヒゲの実を食べています。




採食の後は必ず水を飲みます。

2014.03.29 / Top↑
何時もご訪問頂きましてありがとうございます。
当ブログを開始して今日で丁度1年となりました。
今後も「野鳥と旅の思い出」写真をアップしてまいります。

この池でカワセミの姿が見えると、何故か気持ちが落ち着きます。
現在営巣の時期ですので、気がつかれた方はどうぞ優しく見守って頂けるようお願い致します。













2014.03.28 / Top↑
朝から春雨!
撮りおきから・・・





2014.03.27 / Top↑
昨日(3/25)の続きです。
群で行動するヒレンジャクはヤブランの実が好物!




満腹になると木の上でウトウト!







2014.03.26 / Top↑
ヒレンジャクが来ている情報で3年ぶりのK公園に出かけました。
準備を整え待っていると20羽前後の群が木の天辺にやってきました。
今日で3日来ているとか?
この公園にはヤドリギは全くありません。
彼らは、ここではヤブランの実を食べています。
(整理の出来た一部をアップします)











この1羽のみ5m位の目前でヤブランの実を食べましたが、他は警戒心が強く近くには来ません。

2014.03.25 / Top↑
1週間ぶりにC公園のカワセミに会いに出かけました。
何時もの池では既にペアで土手に家作りの最中!

メスが獲った小魚、給餌ではなかった!


穴堀中は必ずどちらかが見張りをしています。


メスが巣穴に消える!


巣穴から出ると土で汚れた口ばし


水浴びで落とすのよ!


もう一度!


綺麗になったでしょ!

2014.03.24 / Top↑
今日、公園を歩いて出会った鳥たちです。
日中は大分暖かく春が直ぐ近くまで来ている感じです。
エナガ






ヤマガラ


ビンズイ

2014.03.22 / Top↑
3/19 の続き最終です。
ワン!


ツー!


スリー!








3段ヒレンジャク


集団がお好き?


撮りおきから:ヤブラン
地上に降りて好んで食べます。

2014.03.21 / Top↑
昨日の続きです。
ヤドリギの実をよく食べます。
A84O9704xx.jpg

口ばしの中に実が!


実を探しに!
A84O9876xx.jpg

小さな群がやってきた!
A84O9755xx.jpg

木の実目掛けて!
A84O9785xx.jpg

ヤドリギ以外の実も集団行動で採食!
A84O9980xx.jpg

A84O9985xx.jpg

採食後は良く水を飲む!
水場はヤドリギ近くの水場だが、倒木の枝の中で撮るのが大変!
A84O0071xx.jpg

A84O0033xx.jpg
2014.03.20 / Top↑
鳥友さんからヒレンジャクの情報を頂き、早速でかけました。
早朝に現地到着。
ヤドリギでは既に数羽が飛び交っていました。
(一部整理の出来たものをアップします)








ド枝被り!


団子状態で!

2014.03.19 / Top↑
今日から春のお彼岸。
鳥見はお休みで墓参りと先祖の供養をします。
以前香港の公園で出会ったアメリカオシドリです。
オスは木陰からなかなか出てきません.






メスは対岸で昼寝体勢!


お立ち台でも良く寝るメスです。

2014.03.18 / Top↑
小魚をゲットするまでの瞬間です。







2014.03.17 / Top↑
今日も元気に飛び回って!









2014.03.15 / Top↑
いよいよ恋のシーズンのようです。
メスの縄張りに何処からかオスがやって来た!
枝被りの中でお見合い?


(証拠写真)


ここにはメスは止まらないヨ!


オスは池を飛び回り


メスは食欲旺盛


何時もと止まる枝が違うぞ!

2014.03.14 / Top↑
R公園のルリビタキの若に会いに出かけました。
今日出会えたのは警戒心の強い個体と、カメラマンが少ないと近くまで来る個体の2羽。


ミミズを見つけ採食!















2014.03.12 / Top↑
R公園の林の中でエナガの動きが活発になってきました。
営巣の準備も始まっています。








ペアで何度も運んで!



2014.03.11 / Top↑
今日は朝から冷たい北風が強く、それでも何時ものC公園へカワセミに会いに出かけました。
強風の影響なのか全く姿が見られませんでした。
「こんな日も有るよ!」
近隣でも梅の花が大分咲いてきました。








撮りおきのカワセミ



2014.03.10 / Top↑
木の天辺でオスのさえずりが良く聞こえます。
顔の模様に特徴が有り、スズメと同じ位ですが尾羽が長い分だけ大きく見えます。
そしてメスはオスより色が淡い。


メス










2014.03.08 / Top↑
ルリビタキやベニマシコを探して公園内を歩くと、最近よくシロハラと出会います。
A公園で。振り返り睨まれた!


C公園


C公園


R公園


S公園でのアップ!

2014.03.07 / Top↑
朝から風が強かったのでR公園に青い鳥(ルリビタキ)を探しに!
山道を登ったり下ったりして歩くこと1時間。
小さな沢の近くでルリビタキの若と出会えました。
良く観察すると驚く事に3羽が地面に降りて採食したり、枝から枝に飛び回ります。
全く鳴きませんが時々近くに出てきて楽しませてもらいました。












少々距離が有りますがベニマシコのペアも遭遇!
IMG_3961xx.jpg
2014.03.06 / Top↑
朝から雨で鳥見はお休みなので、「旅の思い出」を! 
今回はタイのアンコールワットとも呼ばれているピマイ遺跡公園(タイ最大のクメール遺跡)です。
バンコクから東北へ車で3~4時間(300km?)
タイの遺跡はアユタヤ、スコータイが有名ですが、この遺跡は12世紀頃にクメール帝国時代に建てられたとか。


近づくとその大きさに感激!


子供らの課外授業の場所でもある


後方から


創建はアンコールワットより古く試作品ではないかと言われている


境内は回廊のようで?


テラスにはいろいろな装飾が


外側はお堀が


アンコールワットと同じデザインが


大木が有名な公園で日本の公園と雰囲気が違う。

タイの観光地では日本人と多く会いますが、ここでは全く会いませんでした。
2014.03.05 / Top↑
今日のホバリングは正面から左に方向を変えたのでキャッチアイもバッチリ!




採食失敗!


こんどは小魚ゲット!


この場所では食べずに、何時もの所へ飛び出す


それ!

2014.03.04 / Top↑
週末からの雨も9時頃には上がり晴れて来たので、何時ものC公園のカワセミに会いに出かけました。
午前中3回メスがホバリングを見せてくれました。
しかし私のカメラ位置では光線がカワセミの後方からで、残念ながらキャッチアイが入りませんでした。











2014.03.03 / Top↑
昨日の撮りおきから
何時もの止まり木から飛込み、お魚ゲットに失敗!
そして水面を猛スピード飛翔する姿をまとめてみました。。











2014.03.01 / Top↑